関西の不動産買取のことなら、関西中古不動産買取センターにお任せください

事故物件や心理的瑕疵物件の売却が1ヶ月以内にできるとしたら、、、どうしますか?しかも瑕疵担保責任を一切負わずに。

2013年12月5日

IMG_8063
 
From:木下 雅也
心斎橋のオフィスより…
 
 
結論から言いましょう。

当センターでは事故物件の買取も行っております。

 

雨漏りやシロアリなどの物理的瑕疵が起こりやすい築20年以上経っている古家付きの土地

・すでに雨漏りしている、シロアリに侵食されている物理的瑕疵物件

・人が亡くなったり遺体が見つかったなどの心理的瑕疵物件

 

どれも売却しにくいと思われがちですが、当センターでは買取を行っております。

もちろん、事故物件と事故物件でないものを比較した場合、事故物件の方が買取金額は低くなってしまいますが。

 

 

そもそも心理的瑕疵って何?っていう人もいると思いますので、

  •  

    • 物理的瑕疵(ぶつりてきかし)、心理的瑕疵(しんりてきかし)とは?
    • ・瑕疵物件の意外な落とし穴とは?
    • ・なぜ買取が可能なのか?

という3つのテーマについて今日はお話したいと思います。

 

物理的瑕疵とは、、、
 

代表的なものでは雨漏りやシロアリなどが挙げられます。
その他にも、土地については土壌汚染、地中障害物の存在などがあります。

 

築20年、30年も経った家やアパート、マンションを売却するときは、この瑕疵について誰が責任を負うのか、

つまり「瑕疵担保責任」についての取り決めを着考えなければなりません。

 

売却後の瑕疵についての責任の一切を当センターで負担します。

 

つまり、売主様には「売却後に雨漏りが起きたから賠償しろ」なんていうようなことは一切ありません。

これが当センターから売主様に選ばれている理由の1つです。 

 

これは各不動産会社によってシステムが異なりますので売却依頼する不動産会社には必ず確認するようにしてください。

 

瑕疵については契約時には必ず売主様にお伝えする義務が不動産会社にはありますが、残念ながら全ての不動産会社がこの義務を守っているかどうかは定かではありません・・・。

 
 
心理的瑕疵とは、、、
 

物件で自殺や事件があったことを指します。

 

例えば、、、

  • 一家心中をした家族が住んでいた一戸建て
  • ・火災による焼死者が出た土地
  • ・飛び降り自殺をした人が住んでいたマンションの1室
  • ・ミイラ化した死体が発見された倉庫


などなど。。。

 

その状況は多義にわたりますが、こういったケースは少なくはありません。
 

 

不動産会社には報告義務があります。

 

しかし、、、これも必ずしも全ての不動産会社が義務を守っているかと言われると・・・。
ですので、その地域の相場に対してあまりにも安い物件だった場合など、

事故物件かもしれないと疑う余地があるときは不動産会社に必ず確認するようにしてください。 

 

もし、不動産会社が曖昧な返事をするようなら手を引くのも一つでしょう。
あるいは、近隣の方、お隣さんなどにその物件のことを聞いてみるのも良いかもしれません。

 
全国の事故物件の情報を取り扱っているサイトが
ありますので、気になる人は参考にしてみてください。 →→→ 大島てる
 
 
心理的瑕疵の落とし穴
 
 
事故物件の報告義務は
前の居住者の場合のみだけ。

 

どういうことかっていうと、、、

 

直前に住んでいた人が自殺した場合などは心理的瑕疵物件として報告する義務がありますが、

数年前に自殺した人がいて、そのあとに誰か違う人が住んでいてちょっと前に引っ越した。
こんな場合、、、

これは直前に住んでいた人がただ住んでいて引っ越しただけなので、 この物件は心理的瑕疵として報告する義務がありません。

自殺した人がいたにも関わらず・・・。

 

ですので、中古住宅を購入するときはこういった場合も踏まえた注意が必要です。 

 
 
瑕疵物件の買取が可能な理由
 

当センターでは瑕疵物件であっても買取を行っております。
なぜ、瑕疵物件でも買い取れるのか?

 
「もしかして瑕疵であることを隠して売ってるんじゃ・・・?」
 

 なんて疑問が出てくるかもしれませんね。

 

例えば、、、

今にも雨漏りやシロアリが発生しそうな築50年の古家の買取では、、、

当センターで買い取らせていただいた後、すべて解体して更地にしてしまってから更地として販売します。
そのため、瑕疵担保責任が負う必要がなくなり、買い手も見つかりやすくなります。 

 

つまり、築50年の古家でも買取可能ということ。

 

例えば、、、

自殺した人が住んでいた一戸建ての買取では、、、

これも同じく、買い取らせていただいた後、すべて解体して更地にしてしまってから更地として販売します。
もちろん、解体前にお祓いなどを済ませてから。

 

これで、心理的瑕疵物件でも買取可能になります。

 

もし、物理的瑕疵や心理的瑕疵のある物件をお持ちで、売却にお困りの方は当センターにご相談ください。

お力になれるかもしれません。

 

お急ぎの方はお電話が一番早いです → 0120-961-669

 

P.S.

じつは、価格の安さからあえて心理的瑕疵物件を選んで購入するという人もいます。 

 

そういう人のために、安い価格で心理的貸物件を買取、安く販売するという方法もありますので、

心理的瑕疵物件については、需要があるようなら解体せずに販売することもあります。

 

販売価格は相場の割減ぐらい。

 

あまりそういうことは気にしないからとにかく安い物件を買いたいという人は、
心理的瑕疵物件を探してみるのもいいかもしれません。

 

探せば割とありますよ。 


高価買取り査定をご希望のお客様は、お問合せください!

電話受付時間 9:00~19:00(土日祝対応)

0120-961-669

24時間受付の無料査定受付!

不動産買取査定フォーム

物件の郵便番号を入力して
今すぐ無料査定を開始出来ます。

ページ上部へ