大阪や関西の不動産買取のことなら、関西中古不動産買取センターにお任せください

不動産Q&A(良くあるご質問について)

不動産に関して、にお客様よりご質問頂く内容とその回答についてまとめました。
Q&Aに掲載されていない項目についてもお気軽にお問合せください。

売却についての良くある質問
引越しについての良くある質問
査定についての良くあるご質問

売却についての良くある質問

会社に何度も行かなくてはなりませんか?

必須ではありませんが。当社からお伺いすることも出来ます。

売却の際に絶対必要な書類はありますか?

身分証明証・住民票・印鑑証明書・登記済権利証・実印が必須となっております。

売却の際にかかる費用はありますか?

買取では手数料は一切かかりません。ただし、担保権の抹消や登記上の住所が現在の住所と異なる場合は、司法書士に依頼し、別途登記費用が発生します。

売却手続きがうまく進むコツはありますか?

ご依頼の際に、出来るだけ詳しく正確に物件情報をご記入ください。適切な査定金額を早くお伝えすることが出来ます。

契約の場所は?

当社事務所、ご自宅、銀行のブース、お打ち合わせ人より決まります。

権利証を紛失してしまったのですが、どうしたらいいですか?

司法書士と所有者様が面談して売却意思の確認が出来て、所有者様の本人確認が出来れば売却出来ます。

プライバシー(個人情報等)は大丈夫ですか?

ご安心ください。当社では個人情報の取り扱いについて、すべてのスタッフが細心の注意を払い、

徹底した管理をしております。お客さまの情報が外に漏れたり、他の第三者のもとで使用されるような

心配はございません。

他の買取会社との違いはありますか?

はい、買取のスピードが違います。(買取から現金でのお振込みまで最短48時間〜7日)

他にも現状のままの買取できる、瑕疵担保責任を負わなくていい、買取での仲介手数料が無料など

他にもお客さまにとってメリットがございます。

不動産が売れたときのお金はいつもらえますか?

当社での買取の場合は取引の決済時に100%現金での支払いが可能です。 一般的なケースでは、契約時(売却金額の5〜10%)と、不動産の引き渡し時の残金の支払いと2回に分けて 行われます。どのような支払い方法がいいかはお客さまとの打ち合わせで決めさせて頂きます。 もちろん、弊社担当者が最後まで契約をサポートしますのでご安心ください。

不動産を売る時にかかる費用項目は何がありますか?

1.印紙代(売買契約書に添付します) ※ 取引金額により  目安200円〜60万円 2.住宅ローンの返済関連費用(抵当権抹消費用、 司法書士手数料など) ※目安5,000円〜2万円 3.譲渡所得税・住民税(不動産を売って利益が出た場合) ※取引金額により変動しますので、詳細は担当者へお尋ね下さい。 4.仲介手数料(弊社にて不動産の買取をする場合は仲介手数料は不要です。) ※取引金額200万円未満・・・5% 取引金額200万円超400万円以下・・・4%+2万円 取引金額400万円超・・・3%+6万円 (それぞれに別途消費税がかかります。)

ローンが残っていても売却できますか?

不動産なら、どんな物件でも買取しています。(ほとんど断ることはありません。) 例)住宅ローンが残っている、共有名義になっている、賃貸中である物件など

他の買取会社との違いはありますか?

はい、買取のスピードが違います。(買取から現金でのお振込みまで最短48時間〜7日) 他にも現状のままの買取できる、瑕疵担保責任を負わなくていい、買取での仲介手数料が無料など 他にもお客さまにとってメリットがございます。

買取が可能なエリアを教えて下さい。

日本全国どこでも買取可能です。北は北海道から南は沖縄まで対応しています。

マンションを売った際にかかる税金について

マンションを売却した時にかかる税金についてよく質問をいただくことがあります。

税率によっても変わりますが、次の計算方法で税金額が分かります。

[マンションを取得した時の原価 - マンションを売った時の売買金額] × 税率
=税金額

税率は物件を取得してからの年数によって変わります。
【1】マンションを取得してから5年未満の場合 税率39%

【2】マンションを取得してから5年以上経過している場合 税率20%

親から相続でマンションを受け継いだ場合は、親がマンションを持っている期間が相続でそのまま受け継がれます。

※買い替えの場合の3000万円特別控除は上記には含まれておりません。
3000万円特別控除についてはこちら⇒ http://allabout.co.jp/gm/gc/25766/

≪例≫
3年前に1000万円で買ったマンションを、800万円で売却して賃貸マンションに引っ越した場合の税金額と計算方法

計算方法
1000万円 - 800万円 = -200万円 
※上記の場合は赤字が出ているので税金はかかりません。

1500万円で売却できた場合はこうなります。
1000万円 - 1500万円 = +500万円

この場合は39%の税率が掛けられますので、500万円 × 39% 
= 195万円が税金となります。

マンションを購入後5年以上が経過している場合は、税率が20%になりますので、
500万円 × 20% = 100万円が税金となります。

このように、マンションを購入後は買い替えをする場合を除いて、5年以上経過しないと税率が高くなってしまう事になります。

※上記については、取得時に掛かる諸経費は計算されていません。諸経費も物件を買った時の売買代金にプラスできます。
諸経費とは、主に仲介手数料・登記費用などです。

その他のご質問について・・・
Q、買った時の値段が分からない場合はどうなりますか?
A、親から相続でマンションを受け継いだ場合は、いくらで買ったのかが分からないというケースも御座います。そういう時は、親がマンションを買った時の売買契約書が役に立ちます。売買契約書に記載されている金額が、マンションを買った時に掛かった売買代金になります。

Q,売買契約書が見当たらない場合はどうなりますか?

A,どうしても売買契約書が見つからないという場合でもご安心ください。そういう時は、今現在マンションを売った時の売買代金に5%をかけた金額が、取得原価(買った時の金額)として算出されます。

ですが、かなりの税金がかかってしまう事になります。

特にバブル当時に購入している物件を相続した場合は、買った時が高かった訳ですから、税金がかからないはずなのに、かかってしまうという自体になりかねません。

≪例≫
親がバブル当時に買ったマンション5000万円を1200万円で売った場合は税金はかかりません。しかし、親から相続で受け継いだ不動産の売買契約書が見当たらない場合は次のようになります。

1200万円 × 5% = 60万円(買った時の値段)

1200万円(売った時の値段) - 60万円(買った時の値段) = 1140万円(利益)

1140万円(利益) × 20%(税率) = 228万円(税金額)

両者を比べても一目瞭然です。
手元に残るお金が、1200万円972万円かでは大きく変わってしまいます。

税金についてのアドバイスや、買取り査定で他社の金額に納得がいかない場合は、是非弊社にご相談ください。

今すぐクリックしてください⇒オンライン無料査定フォーム ※24時間受け付け可能です。

お電話でご相談されたい場合は、

フリーダイヤル 0120-16-8552

までお待ちしております。

追伸
オンラインで無料買取をご依頼されても、何の費用も発生致しませんのでご安心ください。

マンションが48時間で売却できて現金化が可能

上記についてはマンション買取ですので、仲介手数料はかかりません!無料です。

土地の買取査定をご依頼の場合はこちらまで⇒ 土地売却査定センター

 不動産売却の査定サイトはこちらまで⇒ 関西不動産買取センター

▲ ページ上部へ

引越しについての良くある質問

すぐに引越ししないといけませんか?

引越しの時期に合わせて取引を進めることが出来ます。ご安心ください。

家具などは置きっぱなしでも大丈夫ですか?

事前にお伝えいただければ対応させて頂きます。

引越し先の物件も探して頂けるのでしょうか。

当社、又は協力会社にてご紹介させて頂くことも出来ます。

▲ ページ上部へ

査定についての良くあるご質問

どのように査定を行なうのですか?

机上査定では、物件の敷地面積・建物面積・築年数・周辺環境・取引相場等を基に査定価格を出しています。本査定では、実際に現地に行き、現地周辺環境や役所の調査を行ない査定価格を出していきます。

どんな不動産でも買取していただけますか?

基本的にはどんな物件でも買取をさせていただきます。ほとんどお断りすることは御座いません。事故物件や心理的瑕疵物件の買取も可能となります。

どの地域の物件でも買取っていただけますか?

関西の不動産買取致します。

査定価格の連絡方法は?

電話・メール・faxご希望の方法でお伝えさせて頂きます。

査定価格のお知らせ時間は?

基本的には机上査定は即日回答です。もし混み合っている場合は、2日~3日お時間を頂く場合もあります。

賃貸中の物件は?

賃貸中でも買取出来ます。ご依頼の際に賃貸中であることを予めお伝えください。

他にも査定を依頼しているけど、金額の高いところを見つけたいので査定をお願いできますか?

もちろん大丈夫です。 お客様がご納得して売却して頂けることを第一に考えおりますので、しつこい営業は一切致しません。

買取の金額を少しでも高くする方法はありますか?

出来るだけ詳しく物件情報をお伝え下さい。より精度の高い査定金額を算出できます。 (詳細が分かることによって弊社の調査費用が少なくなり、その分買取り価格がアップします。)

どんな不動産の買取が多いですか?

一番多いのは分譲マンションで、次は土地、戸建の順番に取引が多いです。

査定を依頼するのに費用はかかりますか?

いいえ、費用は一切かかりません。無料で査定を行いますのでご安心下さい。

マンションを売った際にかかる税金について

マンションを売却した時にかかる税金についてよく質問をいただくことがあります。

税率によっても変わりますが、次の計算方法で税金額が分かります。

[マンションを取得した時の原価 - マンションを売った時の売買金額] × 税率
=税金額

税率は物件を取得してからの年数によって変わります。
【1】マンションを取得してから5年未満の場合 税率39%

【2】マンションを取得してから5年以上経過している場合 税率20%

親から相続でマンションを受け継いだ場合は、親がマンションを持っている期間が相続でそのまま受け継がれます。

※買い替えの場合の3000万円特別控除は上記には含まれておりません。
3000万円特別控除についてはこちら⇒ http://allabout.co.jp/gm/gc/25766/

≪例≫
3年前に1000万円で買ったマンションを、800万円で売却して賃貸マンションに引っ越した場合の税金額と計算方法

計算方法
1000万円 - 800万円 = -200万円 
※上記の場合は赤字が出ているので税金はかかりません。

1500万円で売却できた場合はこうなります。
1000万円 - 1500万円 = +500万円

この場合は39%の税率が掛けられますので、500万円 × 39% 
= 195万円が税金となります。

マンションを購入後5年以上が経過している場合は、税率が20%になりますので、
500万円 × 20% = 100万円が税金となります。

このように、マンションを購入後は買い替えをする場合を除いて、5年以上経過しないと税率が高くなってしまう事になります。

※上記については、取得時に掛かる諸経費は計算されていません。諸経費も物件を買った時の売買代金にプラスできます。
諸経費とは、主に仲介手数料・登記費用などです。

その他のご質問について・・・
Q、買った時の値段が分からない場合はどうなりますか?
A、親から相続でマンションを受け継いだ場合は、いくらで買ったのかが分からないというケースも御座います。そういう時は、親がマンションを買った時の売買契約書が役に立ちます。売買契約書に記載されている金額が、マンションを買った時に掛かった売買代金になります。

Q,売買契約書が見当たらない場合はどうなりますか?

A,どうしても売買契約書が見つからないという場合でもご安心ください。そういう時は、今現在マンションを売った時の売買代金に5%をかけた金額が、取得原価(買った時の金額)として算出されます。

ですが、かなりの税金がかかってしまう事になります。

特にバブル当時に購入している物件を相続した場合は、買った時が高かった訳ですから、税金がかからないはずなのに、かかってしまうという自体になりかねません。

≪例≫
親がバブル当時に買ったマンション5000万円を1200万円で売った場合は税金はかかりません。しかし、親から相続で受け継いだ不動産の売買契約書が見当たらない場合は次のようになります。

1200万円 × 5% = 60万円(買った時の値段)

1200万円(売った時の値段) - 60万円(買った時の値段) = 1140万円(利益)

1140万円(利益) × 20%(税率) = 228万円(税金額)

両者を比べても一目瞭然です。
手元に残るお金が、1200万円972万円かでは大きく変わってしまいます。

税金についてのアドバイスや、買取り査定で他社の金額に納得がいかない場合は、是非弊社にご相談ください。

今すぐクリックしてください⇒オンライン無料査定フォーム ※24時間受け付け可能です。

お電話でご相談されたい場合は、

フリーダイヤル 0120-16-8552

までお待ちしております。

追伸
オンラインで無料買取をご依頼されても、何の費用も発生致しませんのでご安心ください。

マンションが48時間で売却できて現金化が可能

上記についてはマンション買取ですので、仲介手数料はかかりません!無料です。

土地の買取査定をご依頼の場合はこちらまで⇒ 土地売却査定センター

 不動産売却の査定サイトはこちらまで⇒ 関西不動産買取センター

同じマンションでも同じ査定額がでるとは限らない?!

同じマンションだと査定額も同じと思われることがあるのですが
実際はそうではありません。

その原因としては、大きく3つの要因があります。

その1.マンションの内装
   もしリフォームが必要な場合、リフォーム代を差し引いて
   算出されるので、その分だけ低い金額になります。

その2.マンションの部屋の位置
   バルコニーの向き、エレベーター停止階かどうか、
   または何階にあるお部屋なのかで評価が変わります。

   バルコニーが南向きであれば、日当たりも良いので金額も上がってきます。
   一般的にエレベーター付きのマンションでは、上の階の方が査定額が高くなります。

その3.業者の状況
   これは意外と知られていないのですが、
   買取り査定を出す業者の状況によっても金額は変化します。
 
直近で買取ができていない業者ほど、物件が欲しいので
金額査定が高めに出る傾向があります。

反対に、順調に買取(仕入れ)ができている業者だと
低めの金額を提示することもあります。

よく、同じマンションだと金額も同じではないかと思われる方が多いのですが、
決してそんなことはありません。

また、チラシに自分と同じマンションが1980万円で載っていると、
自分のマンションも1980万円で売れると思う方が多いのですが、そうとも限りません。

なぜなら、チラシに載っている価格は相場ではなく、売主さんの言い値(好きな価格)だからです。

長く広告に載っている場合、
逆にその価格では売れないからずっと載っていると考えた方がいいかもしれません。

追伸:お急ぎの方や時期を確定したい方は買取がお勧めです。
  (仲介手数料も不要です)

【関西不動産買取センター】

http://fudosankaitori.com/

▲ ページ上部へ

ページ上部へ